たくさんの情報を掲載できる圧着ハガキは広告媒体におすすめ!

郵便ポストの投函口

情報ボリュームたっぷりなのが圧着ハガキのメリット

色見本

企業が顧客に送付するDMで大切なのは、いかに多くの情報を伝えられるかです。情報量が多ければ、それだけ購買のための行動につながりやすいです。そこでDMを送付するのに最適なのが、たくさんの情報を詰め込むことが可能な圧着ハガキです。ハガキはハガキでもペラッとめくれる圧着ハガキの情報ボリュームの大きさは、圧着ハガキ最大のメリットといっても過言ではありません。たった1枚のハガキには違いないですが、そのハガキに情報をたくさん詰め込めます。
新商品情報、サービスの改善点、アンケート関連、割引セール、クーポンの記載など、すべてをまとめて掲載することも圧着ハガキなら不可能ではありません。圧着ハガキの特徴を最大限に活かしたレイアウトにすれば、ハガキとは思えないような大ボリュームにすることが可能です。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼するのが一般的で、専門業者に依頼すれば間違いありません。受け取った人が思わず興味を持てるような圧着ハガキに仕上げてくれますので、実績十分の専門業者に依頼することが最適な圧着ハガキをDMとして送付する際のポイントです。ハガキによるDMは思いのほか高い効果を見込めますが、圧着ハガキなら十二分に期待できます。

DMの内容に興味を持って貰いたいのなら圧着ハガキを

セールやキャンペーンのお知らせを送る時に、考えておいて損がないのが演出です。宣伝をしたい内容は同じDMであっても、通常のハガキにその内容を印刷しただけの味気ないDMより、めくらないと中身が分からない仕掛けが施された圧着ハガキの方が、興味や関心を持って貰いやすくなります。この時、ハサミがなければ開封が面倒な封書という形を取っていれば、手間がかかるという理由から中まで見て貰えない可能性も生まれますが、道具を必要とせずめくるだけで良い圧着ハガキであれば、開封して貰える可能性が高くなります。そのため、内容にしっかりと関心を持って貰えるDMを送付したいという場合は、思わず中を見たくなる演出を施すことができる、圧着ハガキの活用を考えておいて損がありません。
それ以外にも圧着ハガキは、ハガキと変わらない料金で送付をすることができる、二つ折りや三つ折りなど情報を印刷する面積を選べるなどのメリットもあります。そんな圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすることがおすすめです。紙の重量やインクの種類など些細なことで、重量オーバーとなることもある圧着ハガキですが、専門業者に依頼をすれば、希望通りの料金で送付をすることができるDMを作成して貰うことができます。

安くお得に圧着ハガキによるDMを送付したいのなら

ハガキと変わらない料金で多くの情報量を印刷できるだけでなく、開封率が高く購入などのアクションにも繋がりやすいDMを作成できることで注目を集めているのが、圧着ハガキです。官製ハガキサイズだけでなく、インパクトのある大きなサイズまで様々なサイズがあることでも人気となっています。圧着ハガキ作成をするためには、専門業者に依頼をするのがおすすめですが、少しでも安くDMを作成・送付したいのであれば、早めの依頼がおすすめです。
圧着ハガキを印刷する料金は、依頼するタイミングによって変わります。納期が短ければ料金が割高となってしまうため、少しでも安くDMを作成したいのであれば、早めに依頼をしておくことが有効です。そんな圧着ハガキ作成のタイミングによって変わってくるのが、広告郵便割引です。広告郵便割引は、差出通数だけでなく、配達までに何日の猶予があるかによっても割引率が変わってくるものです。そのため、広告郵便割引を活用して安くDMの送付をしたいと考えているのであれば、その割引に間に合うように圧着ハガキ作成を業者に依頼しておくことが大切です。こうした割引を活用していけば、よりお得にDMの送付ができるようになるでしょう。

DM用に圧着ハガキを大量に用意したい時は、【ユニオン印刷】を利用しましょう。ハガキから大判まで製作に対応しているので、情報量に合わせて選択できます。

NOTICE